講師・出演者プロフィール

ピーター・マシューズ
国立民族学博物館民族社会研究部准教授

オーストラリア国立大学大学院博士課程修了。科学技術庁特別研究員(農水産省野菜茶業試験場)、日本学術振興会特別研究員(京都大学理学部)を歴任。 1995年より国立民族学博物館。
安芸早穂子(あき さほこ)
縄文アーティスト

大阪府出身。『週刊朝日百科』『大系日本の歴史』『縄文探検』などに縄文人像を描く。他にまほろば博展示画など。著作に絵物語『森のスーレイ』。
三戸 誠(さんのへ まこと)
ヴィオラ奏者

国立音楽大学大学院音楽研究科器楽専攻修了。日本のみならず海外でも多くのコンサートを開く。神戸音楽コンクール作曲部門で銀メダル受賞。国立音楽大学などで講師を務める。 
宮崎龍美(みやざき たつみ)
縄文太鼓・パーカッション奏者

故山内清男教授が提唱した「有孔鍔付土器」太鼓説を基に縄文太鼓を完成させ、全国に向けて発表。アメリカ、フランスでも公演を行う。東急ハンズ大賞入選など受賞歴多数。 
菊池正浩(きくち まさひろ)
NHKエンタープライズプロデューサー

青森県生まれ。NHK入局後、「歴史への招待」など、美術・歴史番組を担当。東京でNHKスペシャル「街道をゆく」「四大文明」「日本人はるかな旅」など担当。2004年より現職。





三内丸山縄文ファイル