Sannai-Maruyama Jomon Era File  三内丸山縄文ファイル

隔月刊あおもり草子 『三内丸山縄文文明』

また三内丸山遺跡で9月に
2006お月見縄文祭開催!

縄文の雰囲気の中で、仲秋の名月を楽しむ三内丸山お月見縄文祭が、今年は9月9日に開催される。
 「三内丸山お月見」は、青森市のNPO法人三内丸山縄文発信の会が主催し、もともとは全国にいる会員の交流の日を作ろうと、「お月見の時期に、三内丸山で会いましょう」と呼びかけ、一九九九年に開催したのがはじまり。今年で8回目となり、三内丸山遺跡恒例の催事となっている。
 お月見縄文祭は、講師が遺跡の発掘現場など遺跡を案内する遺跡見学にはじまり、フォーラム、そして月を眺めながらのお月見コンサートという縄文一色の内容盛りだくさんの一日で、毎年、関東や関西などからも参加がある。今年の詳細は発信の会事務局までお問い合わせを。

【予定内容】
「講師との遺跡見学会」
「宵待ちフォーラム・ワークショップ」
講師/岡田康博(青森県三内丸山遺跡対策室長)ほか
「お月見コンサート」
出演/山上進(津軽三味線・笛)ほか
【日時】9月9日(土)
【会場】国特別史跡三内丸山遺跡および縄文時遊館
【問合せ】NPO法人三内丸山縄文発信の会事務局
   017―773―3477

隔月刊あおもり草子168号(2006.8.1) 『三内丸山縄文文明』より転載


三内丸山縄文ファイル