Sannai-Maruyama Jomon Era File 三内丸山縄文ファイル

三内丸山縄文発信の会・「縄文ファイル」

バックナンバーの紹介
2017年1月~(No.228~)

 

縄文ファイルNo.228号(2017.1.1発行)
定価500円(税込)
三内丸山遺跡・縄文時遊館 2018年度完成に向けて増築工事中三内丸山遺跡・縄文時遊館 2018年度完成に向けて増築工事中
三内丸山遺跡のビジターセンターである縄文時遊館の増築工事が2016年10月から始まっている。
 今の建物の南側(体験工房外側)に、地上一階地下一階建ての施設を新たに増築する。地上部分には、国宝や重要文化財を展示できる企画展示室と、作業を見学可能な整理作業室が、地下部分には、三内丸山遺跡の出土遺物を保存する一般収蔵庫と特別収蔵庫が作られる。完成は2018年度を予定している。

The extension work of Jomon Jiyukan Museum, a visitor center of Sannai-Maruyama Site, began in October, 2016. A facility of a floor under ground and a floor above ground is scheduled to be newly built to the southern part of the existing building (Outside of Experiencing Studio). On the above-ground part a projects exhibition room where national treasures and important cultural properties can be displayed and a workroom where visitors can see working staffs are built. In under-ground part an ordinary storehouse and special storage room where various remains unearthed at Sannai-Maruyama Site are reserved are built. They are scheduled to finish the work in 2018.


キーワードは「縄文遺跡群を世界遺産に!」青森、盛岡で「世界遺産縄文フォーラム」開催


■仙台縄文塾「縄文文化と弥生文化、なぜ・どのように違うのか」 講師/辻誠一郎氏

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.229号(2017.3.1発行)
定価500円(税込)
三内丸山遺跡・縄文時遊館 2018年度完成に向けて増築工事中三内丸山遺跡で「縄文冬祭り」
 2月11日、12日の2日間、三内丸山遺跡で「縄文冬祭り」が開催された。
 縄文時遊館正面玄関では、雪で作られたさんまるくんが詰めかけた親子連れを出迎え、雪の滑り台や雪だるま作り、雪に覆われた中庭での発掘体験など、冬ならではのイベントで大いに盛り上がっていた。

Jomon Winter Festival held at Sannai-Maruyama Site

Jomon Winter Festival was held at Sannai-Maruyama Site for two days on February 11, 12, 2017.
Sanmaru-kun made by snow greeted visiting children and their parents at the front entrance of Jomon-Jiyukan Museum. Visitors challenged to make a snow slide, snowman and experienced excavation at snow-covered courtyard to enjoy exciting winter events.


世界遺産日本代表候補 縄文JAPAN2017 縄文遺跡群世界遺産登録推進国際フォーラム 開催


■東京縄文塾「美の考古学―縄文土器を中心に―」 講師/松木武彦氏

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.230号(2017.5.1発行)
定価500円(税込)
三内丸山遺跡 縄文時遊館展示施設リニューアル三内丸山遺跡 縄文時遊館展示施設リニューアル
 三内丸山遺跡縄文時遊館の展示施設がリニューアルされた。さんまるミュージアムは、タイムスケールトンネル、盛土コーナー、復元竪穴建物、解説バナーが変わった。時遊トンネルのジオラマには最新の情報が反映された。
 春の三内丸山遺跡と、リニューアルされた展示を見に、足を運んでみてはいかがだろうか。

The exhibition facility of the Sannai Maruyama Site・Jomon-Jiyukan Museum was renewed.

The exhibition facility of the Sannai Maruyama Site・Jomon-Jiyukan Museum was renewed. San-maru Museum has changed the time scale tunnel, pottery mound corner, restored Pit Dwellings, commentary banner. The latest information was reflected in the diorama at Jiyu Tunnel.
 Why do not you visit the Sannai Maruyama Site and renuweld exhibits?


平成29年度(2017)の三内丸山遺跡 遺跡の北端部を調査します/青森県教育庁文化財保護課三内丸山遺跡保存活用推進室


■縄文の魅力伝える草の根活動 縄文語り部 勉強会&交流会

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.231号(2017.7.1発行)
定価500円(税込)
六本柱と板状土偶の三内丸山交番六本柱と板状土偶の三内丸山交番
  青森市の浪館通り、三内丸山遺跡へ向かう途中に交番がある。この交番は三内丸山交番。道行く人の目を引く外観は、入り口の柱は六本柱になっていて、外壁は三内丸山遺跡で発掘された板状土偶を模している。
 地域の特色を生かした、親しみやすいデザインの交番として2004年に現地に新しく設置された。

Sannai Maruyama police box with six pillars and Board-shaped Clay Figurine

There is a police box on the way to the Sannai Maruyama Site alongside Namidate street in Aomori city. This police box name is Sannai Maruyama koban. This police box is conspicuous because of appearance. The entrance have six pillars, and the outer wall was modeled after Board-shaped Clay figurine.
This police box was founded on friendly building, and regional feature in 2004.


平成29年度(2017)の三内丸山遺跡 今年度の発掘調査始まる


■春祭り紹介(三内丸山遺跡・小牧野遺跡・御所野遺跡)

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.232号(2017.9.1発行)
定価500円(税込)
六本柱と板状土偶の三内丸山交番縄文を満喫「三内丸山縄文夏祭り」
   8月11日・12日の2日間、三内丸山遺跡で、恒例の夏イベント「三内丸山縄文夏祭り」が開かれた。
 縄文服を着たり、発掘体験をしたり、遺物の実物を見学するなど、縄文に触れ、親しむさまざまなイベントが縄文時遊館や遺跡内で開催。青森県内外からたくさんの人が訪れ、遺跡で夏休みを楽しんでいた。

Fully enjoying "Sannai-Maruyama Jomon Summer Festival"

"Sannai-Maruyama Jomon Summer Festival," an annual summer event, was held at Sannai-Maruyama Site for two days on 11th and 12th, August. Various events to touch and get familiar with Jomon such as wearing Jomon clothes, experiencing digging, observing genuine remains were held in Jomon-Jiyukan Museum and the site.
Many visitors from in and out of Aomori Prefecture enjoyed their summer holidays at the site.


平成29年度(2017)の三内丸山遺跡 今年度の発掘調査順調


■青森縄文塾「市民と縄文」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.233(2017.11.1発行)
定価500円(税込)
世界遺産登録に向けて今年も楽しくイベント開催 縄文世界を想像してマイ「JOMONガーデン」作り番世界遺産登録に向けて今年も楽しくイベント開催 縄文世界を想像してマイ「JOMONガーデン」作り
 「三内丸山で会いましょう」を合い言葉に、9月16日(土)に、ワークショップ、フォーラム、コンサートを三内丸山遺跡で開催した。
 「子ども縄文ワークショップ」のテーマは「JOMONガーデンを作ろう!」。縄文人がどのような場所で生活をしていたのか想像し、表現するワークショップだ。参加した子どもたちは草や苔、石や粘土など様々な材料を用いて、それぞれの「JOMONガーデン」を作り上げた。
Events were held toward world heritage entry this year, too. Imaged Jomon world, and built up my “Jomon Garden” .
Events such as workshop, forum, concert with a motto to “Let’s meet at Sannai-Maruyama Site” this year, too were held at the site on September 16, Saturday. The theme of “Jomon Children Workshop” is “Let’s build up Jomon Garden!” Participants imagine where Jomon People led a life, and represented it at the workshop. Children took part in it and built up each “Jomon Garden,” using various materials including grass, moss, stone, and clay.


■三内丸山遺跡 第41次発掘調査終了


■縄文フォーラム「未来につなぐ縄文~子どもたちに伝えたい『縄文のこころ』~」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」

過去にもどる
メニュー

三内丸山縄文ファイル