Sannai-Maruyama Jomon Era File 三内丸山縄文ファイル

三内丸山縄文発信の会・「縄文ファイル」

バックナンバーの紹介
2016年1月~(No.222~)

 

縄文ファイルNo.222号(2016.1.1発行)
定価500円(税込)
三内丸山縄文発信の会発足から20年三内丸山縄文発信の会発足から20年
 前例のない巨大な遺跡である「三内丸山遺跡を広く世界にアピールする」目的で、1995年8月に発足した三内丸山縄文発信の会。2003年8月にはNPO法人化。縄文を深く知るミニフォーラム「縄文塾」、「三内丸山で会いましょう」を合言葉に三内丸山遺跡で交流する「三内丸山縄文お月見・縄文大祭典」の開催、会報誌「縄文ファイル」の発行などの活動を重ね、とうとう活動20年を迎えた。 。
Sannai-Maruyama Jomon Information Association - the first 20 years

The Sannai-Maruyama Jomon Information Association was established in August 1995 with the aim of making Sannai-Maruyama, a Jomon archeological site of unprecedented size, better known to the world at large. It was granted NPO status in August 2003. Over the last 20 years, the Association has run “Jomon Juku” mini-fora to increase knowledge of Jomon Japan, held Jomon moon viewing and fire festivals at the Sannai-Maruyama site under the motto, “Let’s meet at Sannai-Maruyama”, and published the Jomon File, the association’s periodical.


NPO法人三内丸山縄文発信の会20周年によせて


■縄文宵待ちフォーラム「縄文文化における土偶の役割」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.223号(2016.3.1発行)
定価500円(税込)
三内丸山縄文発信の会発足から20年三内丸山遺跡・縄文時遊館の増築、2018年の完成を目指す
  国特別史跡・三内丸山遺跡のビジターセンターである「縄文時遊館」は、2002年11月30日に開館した。2010年には、常設展示室「さんまるミュージアム」がオープン。
 2015年度から、展示・収蔵および整理作業機能の充実を図り、世界遺産登録に向けたさらに濃い情報発信のために、増築事業が始まっている。2018年度の完成を目指している。
Expansion of museum at Sannai-Maruyama Site due for completion in 2018

Jomon Jiyukan, the visitor center at Sannai-Maruyama, a special historic site, opened on November 30, 2002. In 2010 it opened a permanent collection and called it the Sanmaru Museum.
 Since 2015, work has been underway to further develop the exhibition space and storage facility. This is intended to transform the museum into a place of enriched information exchange as Sannai-Maruyama gears up for UNESCO World Heritage listing. The project should be completed by 2018.


「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録に向けた動き


■仙台縄文塾「世界史と縄文文化」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.224号(2016.5.1発行)
定価500円(税込)
「三内丸山遺跡・特別研究」で解明が進む縄文時代「三内丸山遺跡・特別研究」で解明が進む縄文時代
 青森県では、三内丸山遺跡の全体像の解明や縄文文化に関する調査・研究の公募を行っている。3月12日に行われた「平成27年度特別史跡三内丸山遺跡報告会」では、中村由克氏の個人研究「北陸系石材の三内丸山遺跡への波及の研究」、辻誠一郎氏らの共同研究「三内丸山遺跡の集落景観の復原と図像化」の成果が報告された。

Jomon period increasingly coming to light as a result of Sannai-Maruyama site special research

Research on the latest findings of the Sannai-Maruyama site and Jomon culture is being publicized around Aomori Prefecture. At the FY2015 Sannai-Maruyama Site special landmark briefing session held on March 12, the findings of Yoshikatsu Nakamura’s individual project, “Research on the impact of Hokuriku-style stone at the Sannai-Maruyama Site” were presented, as well as those of the joint project led by Seiichiro Tsuji, “Restoration and iconographic representation of village scene and landscape at Sannai-Maruyama Site”.


藤川直迪理事長追悼


■青森縄文塾「縄文の魅力」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.225号(2016.7.1発行)
定価500円(税込)
「縄文」を楽しんだ三内丸山遺跡春祭り「縄文」を楽しんだ三内丸山遺跡春祭り
 青森市の三内丸山遺跡では、5月3日から5日まで、縄文春祭りが開催され、10000人以上が来場し、「縄文」を楽しんだ。
 期間中は、連日開催の縄文ファッションで記念撮影、クイズラリー、縄文生活体験、縄文ものづくり体験、フォトギャラリーのほか、日にち限定イベントの縄文パノラマビュー、発掘ひろば、三味線ライブなどが開催された。

Spring Festival at Sannai-Maruyama, a celebration of Jomon

The Jomon Spring Festival was held from 3-5 May at the Sannai-Maruyama site in Aomori City, where over 10,000 people came to celebrate Jomon.
Events during the festival ranged from multi-day Jomon fashion dress-up photography, quiz rallies, an opportunity for visitors to experience Jomon life, Jomon craft-making and a photo gallery to a one-day only Jomon panorama, archaeological site visits and shamisen concert.


平成28年度の三内丸山遺跡 今年度の発掘調査を開始


■東京縄文塾「世界に女神土偶を訪ねて、スケッチした」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.226号(2016.9.1発行)
定価500円(税込)
三内丸山遺跡発掘現場公開開催中三内丸山遺跡発掘現場公開開催中
 7月20日より三内丸山遺跡で発掘調査の一般公開が始まった。
 今年度の発掘調査現場は遺跡北端部。この場所での本格的な発掘調査は初となり、これまでにない新たな発見が期待されている。作業員が黙々と作業を続ける中、訪れた来場者は職員による発掘状況の説明に熱心に耳を傾けていた。

Sannai-Maruyama site Excavation sites opened to public guided tours begin

Archaeological excavation sites at Sannai-Maruyama were opened to the public from 20 July.
 The dig is working on the northern extremity of the site this year. It is some 20 years since work was last done in this area, therefore unprecedented discoveries are anticipated. As workers continued their efforts, visitors listened eagerly to dig leaders give a briefing on the status of excavation.


平成28年度三内丸山遺跡 発掘調査最前線


■青森縄文塾「縄文の風に吹かれて “ソフト”の解明に想像力を!」「縄文時代の青函交流」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.227号(2016.11.1発行)
定価500円(税込)
第18回三内丸山お月見 三内丸山遺跡で縄文を堪能中
 2016年9月17・18・19日の3日間に渡り、青森市の三内丸山遺跡で「さんまる縄文の日」が行われた。多くの人々が三内丸山遺跡を訪れた。
 毎年秋の満月の頃に開催している「三内丸山お月見・縄文大祭典」の合言葉は「三内丸山で会いましょう」。
 17日は、三内丸山遺跡の発掘調査現地説明会、縄文ワークショップ、縄文宵待ちフォーラム、お月見コンサートが開催された。

18th Sannai-Maruyama Otsukimi Moon Viewing where visitors enjoyed Jomon in Sannai-Maruyama site

The 18th Sannai-Maruyama Otsukimi, or "moon viewing" was held at the Sannai-Maruyama site over three days from 17-19 September under the title "Sanmaru Jomon day". A lot of people visited the site.
A great Jomon Moonlight Festival is held at Sannai-Maruyama Site around the time of full moon every year with countersign, "Let's see you at Sannai-Maruyama Site".
Many events including excavating investigation field briefing, Jomon workshop, Jomon "Yoimachi" Forum, moonlight concert were held on September 17.


三内丸山遺跡 第40次発掘調査終了


■青森縄文塾「縄文宵待ちフォーラム 津軽海峡 土偶の旅」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」



過去にもどる
メニュー

三内丸山縄文ファイル