Sannai-Maruyama Jomon Era File 三内丸山縄文ファイル

三内丸山縄文発信の会・「縄文ファイル」

バックナンバーの紹介
2015年1月~(No.216~)

 

縄文ファイルNo.216号(2015.1.1発行)
定価500円(税込)
雪の中、新年を迎えた三内丸山遺跡雪の中、新年を迎えた三内丸山遺跡
 昨年5月から10月まで、三内丸山遺跡では第38次発掘調査が行われ、遺跡西側にある「西盛土」の北西側で竪穴住居跡、道路跡、溝状遺構、土坑墓などが見つかった。
 発掘調査が終わった翌11月には、雪が降り積もった。一面、雪に覆われた三内丸山遺跡には、冬の間も見学者が訪れている。2月には賑やかに「縄文冬祭り」が開催される。 。
Sannai-Maruyama Site greeted the new year in snow.

The 38th excavating investigation was made from May toOctober last year at the northwestern part of western pottery mound in the west of the site to find the vestiges of pit dwelling, road, ditch-shaped remnant, pit grave and so on. The snow lay thick on the ground in November,a month after the investigation ended. Even in winter visitors come to the site covered all over with snow.In February this year "Jomon Winter Festival" is to be held really lively.


仙台縄文塾「今に伝わる縄紋のココロ」


■北海道・北東北の縄文遺跡群18 その8「二ツ森貝塚」その9「入江・高砂貝塚」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」


縄文ファイルNo.217号(2015.3.1発行)
定価500円(税込)
青森県内各地で遺跡の発掘調査成果続々青森県内各地で遺跡の発掘調査成果続々
  青森県内では、毎年、各地で縄文時代はじめ、多くの遺跡の発掘調査が行われている。
 平成26年度は、青森市の三内丸山遺跡、八戸市の一王寺(1)遺跡、西目屋村の川原平(1)遺跡、同村の水上(2)遺跡、鯵ヶ沢町の鳴戸(3)遺跡など、各地で発掘調査が行われた。発表会には考古学ファンらが詰めかけ、調査結果に耳を傾けた。 。
Excavating investigation fruits one after another in various historic sites in Aomori Prefecture

Excavating investigation is made into various historic sites in Aomori Prefecture every year. Excavating investigation was made in Heisei 26 (2014) fiscal year at various sites such as Sannai-Maruyama Site in Aomori City, Ichioji 1 Site in Hachinohe City, Kawaratai 1 Site and Mizukami 2 Site in Nishimeya Village, and Naruto Site in Ajigasawa Town. Many archaeology fans visited the presentation meeting and listened to the outcome.


東京縄文塾「海と火山と縄文人」


■北海道・北東北の縄文遺跡群18 その10「是川石器時代遺跡」その11「御所野遺跡」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」


縄文ファイルNo.218号(2015.5.1発行)
定価500円(税込)
小牧野遺跡の二つの新施設5月3日オープン!小牧野遺跡の二つの新施設5月3日オープン!
  青森市郊外にある小牧野遺跡に、2つの施設が5月3日にオープンする。
 青森市小牧野遺跡保護センター「縄文の学び舎・小牧野館」では、遺跡の出土品が保管・展示され、小牧野遺跡に関する情報を発信する。
 小牧野遺跡に隣接する、青森市小牧野遺跡観察施設「小牧野の森・どんぐりの家」は、小牧野遺跡の解説のほか、休憩ホールなどがある。 。
Two new facilities opening at Komakino Site on May 3

  Two new facilities will be opening at the Komakino site, on the outskirts of Aomori City. The Aomori City Komakino Site Protection Center Jomon Study Room and Komakino Hall preserve and exhibit relics from the site and provide information about Komakino Site.
  Adjacent to Komakino Site, the Aomori City Komakino Site Viewing Facility Komakino Forest/Acorn House provide explanations about the Komakino Site as well as a rest house for weary visitors.


小牧野遺跡の2つの新施設オープン!


■三内丸山縄文発信の会会員の近況報告
■北海道・北東北の縄文遺跡群18 その12「大湯環状列石」その13「小牧野遺跡」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」


縄文ファイルNo.219号(2015.7.1発行)
定価500円(税込)
第4回「石と森と星の学校」滝沢市より三内丸山遺跡を訪問第4回「石と森と星の学校」滝沢市より三内丸山遺跡を訪問
  滝沢市埋蔵文化財センターと岩手県立大が主催する、第7回の縄文体験「石と森と星の学校」。第4回目となる6月7日にはバスツアーが実施され、滝沢市の小学生〜大人計15名が三内丸山遺跡を訪れた。参加者の一人、工藤優子さんは、「六本柱の大きさに圧倒され、縄文の高度な文化を感じた。今後も縄文に感心を寄せていきたい」と意欲を語った。

The 4th Stone, Forest and Star School Visit from Takizawa City to Sannai-Maruyama Site

  The seventh Jomon experience, the Stone, Forest and Stars School, was held by the Takizawa Underground Heritage Center and Iwate Prefectural University. A coach tour departed on June 7 to the Sannai-Maruyama Site with 15 people including elementary school students and adults, the fourth such tour. One of the participants, Ms Yuko Kudo, said enthusiastically, “The size of the six-pillared building was incredible and I could sense the advanced Jomon culture. I am very interested in the Jomon now.”


「縄文時代の漆製品 櫛飾りの考古学」


■北海道・北東北の縄文遺跡群18 その14「鷲ノ木遺跡」その15「伊勢堂岱遺跡」
■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」


縄文ファイルNo.220(2015.9.1発行)
定価500円(税込)
夏の終わりを名残惜しみながら…「第17回三内丸山お月見」夏の終わりを名残惜しみながら…「第17回三内丸山お月見」
  滝沢市埋蔵文化財センターと岩手県立大が主催する、第7回の縄文体験「石と森と星の学校」。第4回目となる6月7日にはバスツアーが実施され、滝沢市の小学生〜大人計15名が三内丸山遺跡を訪れた。参加者の一人、工藤優子さんは、「六本柱の大きさに圧倒され、縄文の高度な文化を感じた。今後も縄文に感心を寄せていきたい」と意欲を語った。

As we reluctantly bid farewell to summer… 17th Sannai-Maruyama Otsukimi Moon Viewing

 The 17th Sannai-Maruyama Otsukimi, or “moon viewing” was held at the Sannai-Maruyama site over two days from 29–30 August 2015 under the title, “Great Jomon festival, resonance of the Jomon soul”.
 Viewers crowded onto the hill where the festival was held for the Otsukimi Concert. Under the clear light of the moon, the beautiful if fleeting notes of the Tsugaru shamisen and piano resonated across the mystical Jomon ruins, illuminated by the reddish glow of the fire.


東京縄文塾「日本人の形成 縄文顔と弥生顔」前編


■北海道・北東北の縄文遺跡群18 その16「キウス周堤墓群」その17「大森勝山遺跡」
■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」


縄文ファイルNo.221号(2015.11.1発行)
定価500円(税込)
三内丸山遺跡 2015年度発掘調査終了三内丸山遺跡 2015年度発掘調査終了
2015年6月10日から9月18日まで、三内丸山遺跡で今年度の発掘調査が行われた。
 昨年度、大規模な溝状遺構が確認された。今年度は、その全体の形や役割を知るために、北東側の調査が行われた。溝状遺構は、長さがおよそ25メートル、幅がおよそ3〜4メートルあり、縄文時代前期末葉のものであるという結果が得られた。

Completion of 2015 dig at Sannai Maruyama Site

  This year’s excavation, which began at the Sannai Maruyama Site on June 10, was completed on September 18.
A large ditch was discovered on the site in 2014. In order to fully grasp its extent and what it was used for, the northeastern side was excavated. It was found that the ditch measures 3-4m across and around 25m in length, and it dates from the end of the Early Jomon period.


東京縄文塾「日本人の形成 縄文顔と弥生顔」後編


■北海道・北東北の縄文遺跡群18 その18「亀ケ岡石器時代遺跡」
■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」



過去にもどる
メニュー

三内丸山縄文ファイル