Sannai-Maruyama Jomon Era File 三内丸山縄文ファイル

三内丸山縄文発信の会・「縄文ファイル」

バックナンバーの紹介
2014年1月~(No.210~)

 

縄文ファイルNo.210号(2014.1.1発行)
定価500円(税込)
世界遺産登録へ向けて18遺跡を正式決定雪景色の三内丸山遺跡
青森市の今年の初雪は11月11日。平年より5日遅いが、豪雪だった昨年より7日早い初雪だった。数日で降り積もった雪が消えた。
 次に雪が降り積もったのは12月7日。雪に覆われた三内丸山遺跡には、北国の遺跡ならではの表情を見学する姿があった。
 春、夏、秋、冬と四季折々に表情を変える三内丸山遺跡。季節ごとに訪れる楽しみもある。 。
A snowy landscape of Sannai-Maruyama Site

The first snow fell this year on November 11, in Aomori City. It was 5 days later than average years, and 7 days earlier than last year when it snowed heavily. The snow thawed in several days.
Snow lay thick on the ground next on December 7. Some visitors inspected snow covered Sannai-Maruyama Site and enjoyed the unique look of the northern site. It changes its looks in 4 seasons. Visitors can enjoy its feeling in every season.


三内丸山遺跡2013年度発掘調査終了


■仙台縄文塾「震災と宮戸島の縄文遺跡」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」


縄文ファイルNo.211号(2014.3.1発行)
定価500円(税込)
世界遺産登録へ向けて18遺跡を正式決定三内丸山遺跡で縄文冬祭り
毎年冬に行われる「三内丸山遺跡縄文冬祭り」。今年は2月15日・16日に行われた。
 雪が降り積もった遺跡内を回って宝さがしをする「さんまる宝さがしウォーキング、冬」にはたくさんの子どもたちが参加。クイズラリー、大型すべり台、雪だるま広場など、冬祭りでしか楽しめないイベント盛りだくさんの三内丸山遺跡に、たくさんの親子連れが訪れた。

Jomon Winter Festival at Sannai-Maruyama Site

Jomon Winter Festival, which is held at Sannai-Maruyama Site every year in winter, was held on February 15, 16 this year.
Many children took part in “Sanmaru Takara-Sagashi(Treasure-hunting) Walking, Fuyu(Winter)” in which participants searched for treasure within the snowy site. Many parents and children visited the site and enjoy various events including quiz rally, a large slide, snowmen square which appeared only in the winter festival.


世界遺産登録を目指し、縄文の魅力を伝える場 縄文語り部教室、各地で開催


■世界遺産登録推進フォーラムより「北海道・北東北の縄文遺跡群の特徴」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」


縄文ファイルNo.212号(2014.5.1発行)
定価500円(税込)
三内丸山遺跡 西盛土を引き続き発掘調査三内丸山遺跡 西盛土を引き続き発掘調査
平成26年度の三内丸山遺跡発掘調査(第38次調査)は、西盛土北西側で行なわれる。これまでに得られた調査成果を元に、平面的に掘り下げ、遺構の分布状況を把握し、遺構分布、新旧関係などの調べを進める。あわせて、来年度から発掘調査実施予定の遺跡北端部での予備調査も予定している。
 今年度も発掘調査は公開され、現地説明会も行われる。 Excavating investigation continually due in western pottery mound at Sannai-Maruyama Site
Excavating investigation into Sannai-Maruyama Site (the 38th investigation) in Heisei 26 (2014) fiscal year is due in the northwestern area of western pottery mound. Based on the results acquired so far, the investigation will be made to grasp the distribution condition of remnants and look into the relations between new and old among various remnants by digging down the ground. In addition, a preliminary investigation in northern edge of the site, where next excavating investigation is due from next fiscal year, is scheduled.
The excavating investigation is supposed to open to the public and a field briefing is due this fiscal year, too.


2014年度の三内丸山遺跡 西盛土北西側を発掘調査 遺跡北端部では予備調査を実施


■北海道・北東北の縄文遺跡群18 その1「大平山元遺跡」
■北海道・北東北の縄文遺跡群18 その2「垣ノ島遺跡」


■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」


縄文ファイルNo.213号(2014.7.1発行)
定価500円(税込)
『縄文ポシェット(重要文化財)』今年度も期間限定展示縄文ポシェット(重要文化財)』今年度も期間限定展示
 三内丸山遺跡で発掘された袋状編み物(通称:縄文ポシェット 重要文化財)は、針葉樹の樹皮を『網代編み』で編んだもので、高さ16センチ、幅約10センチ。湿地のゴミ捨て場から見つかり、空気に触れなかったため約5500年間、腐らずに残っていたもの。中から半分に割れたクルミの殻が見つかった。
 今年度は7月19日から9月23日まで、縄文時遊館さんまるミュージアムで期間限定展示される。
 今年度も発掘調査は公開され、現地説明会も行われる。
Jomon Pochette (A national important cultural property) to be on time-limited display
The bag-shaped knit work (Commonly known as Jomon Pochette  A national important cultural property) unearthed at Sannai-Maruyama Site was made by weaving bark of a coniferous tree like a wickerwork pattern. The height is 16 centimeter, and the width is about 10 centimeter. It was discovered at the dumping ground at wetland. As it didn’t contact air for about 5,500 years, it has been able to remain without being rotten. A walnut shell, which was broken to half, was discovered in the pochette.
It is to be on time-limited display at Sanmaru Museum at Jomon-Jiyukan Museum from July 19 to September 23 for this fiscal year.


三内丸山遺跡 発掘調査現場公開始まる


■北海道・北東北の縄文遺跡群18 その3「長七谷地貝塚」
■北海道・北東北の縄文遺跡群18 その4「北黄金貝塚」


■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.214号(2014.9.1発行)
定価500円(税込)
三内丸山遺跡で直線状の大規模な遺構発見三内丸山遺跡で直線状の大規模な遺構発見
 第38次発掘調査が行われている三内丸山遺跡で、西盛土の北西側から新たに大規模な遺構が見つかった。この遺構は幅約4メートルほどあり、南西—北東方向に約20メートル延びている直線状の溝で、縄文時代前期終わりごろ(約5000年前)のものと見られている。発掘が始まって以来、このような遺構が発見されたのは初めてで、全国でも例がないという。溝全体の規模や形状などを明らかにするため、9月末まで発掘調査が継続される。
 今年度も発掘調査は公開され、現地説明会も行われる。
A large-scale remnant was newly discovered at the northwestern area of the western pottery mound of Sannai-Maruyama Site where the 38th excavating investigation was being made. The remnant is a linear ditch which is about 4 meters wide and stretches about 20 meters from southwest to northeast direction. It is considered that it was created around the end of early period, about 5,000 years ago in Jomon Times. It’s been the first time that such a remnant was discovered since excavating investigation began and they say there is no such a precedent in the country. The excavating investigation is to be continued until the end of September so as to make clear the scale and form of the whole ditch.


三内丸山遺跡で直線状の大規模な遺構発見


■北海道・北東北の縄文遺跡群18 その5「大船遺跡」
■北海道・北東北の縄文遺跡群18 その6「三内丸山遺跡」


■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.215(2014.11.1発行)
定価500円(税込)
縄文を知り、楽しみ、親しんだ「第16回三内丸山お月見」縄文を知り、楽しみ、親しんだ「第16回三内丸山お月見」
  2014年9月6日、7日の両日、三内丸山遺跡で「第16回三内丸山お月見 縄文大祭典」が開催された。イベント満載二日間、三内丸山遺跡にたくさんの人が訪れた。
 今回初めて開催の「月待ち…縄文朗読会」は、「縄文に恋した詩人・宗左近へのオマージュ」がテーマ。夕闇迫る三内丸山遺跡で、ヴィオラやギター、太鼓の音に乗せて、縄文に題をとった宗左近の詩が、四人の読み手により情感豊かに読み上げられた。
The 16th Moon Viewing at Sannai-Maruyama Site where visitors knew, enjoyed, and made familiar with Jomon
“The 16th Jomon Great Moon Viewing Festival” was held at Sannai-Maruyama Site on September 6, 7, 2014. A lot of people visited the site for two days when so many events were held. The theme of “Tsukimachi (Waiting for moon rise) ~Jomon Recital” which was given for the first time this year was “Homage to Sakon So, a poet who fell in love with Jomon.” Poems related to Jomon by him were emotionally read by 4 reciters in the rhythm of viola, guitar, and drum at twilight Sannai-Maruyama Site.


三内丸山遺跡 第38次発掘調査終了


■北海道・北東北の縄文遺跡群18 その7「田小屋野貝塚」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」



過去にもどる
メニュー

三内丸山縄文ファイル