Sannai-Maruyama Jomon Era File 三内丸山縄文ファイル

三内丸山縄文発信の会・「縄文ファイル」

バックナンバーの紹介
2013年1月?(No.204?)

 

縄文ファイルNo.204号(2013.1.1発行)
定価500円(税込)
世界遺産登録へ向けて18遺跡を正式決定世界遺産登録へ向けて18遺跡を正式決定
12月11日開催の「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」の世界遺産登録推進本部で、これまでの15遺跡から3遺跡を追加し全18遺跡を同遺跡群の構成資産とすることを正式決定。ロゴマークも発表され、970点の応募の中から、赤を基調とし、全体を縄文土器と4道県に見立てた佐藤春平さん(東京都・美術家)の作品が選ばれた。
18 sites officially decided toward world heritage entry

”A group of Jomon historical sites in Hokkaido and northern Tohoku District” World Heritage Entry Promotion Headquarters officially decided to add 3 sites to 15 already decided candidates and altogether 18 sites as asset composition on December 11. They also selected and announced logotype from 970 applications which Mr. Shunpei Sato (Tokyo, artist) made, regarding the whole basically in red as Jomon pottery and 4 related local governments.


三内丸山遺跡2012年度発掘調査終了


■三内丸山お月見 宵待ちフォーラム「縄文のにぎわい」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」


縄文ファイルNo.205号(2013.3.1発行)
定価500円(税込)
縄文語り部教室 県内8カ所で開催縄文語り部教室 県内8カ所で開催
「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」の世界遺産登録を目指している青森県では、2012月11月から2013年1月にかけて、「縄文語り部教室」を青森県内8カ所で開催した。各会場では、語り部が縄文の思いを語り、縄文の魅力を伝えた。また参加者たちも自身の考えや思い、質問などを積極的に述べるなど、熱い教室となった。。
”Jomon storyteller school” held at 8 places in Aomori Prefecture

Aomori Local Government, aiming at world heritage entry of “a group of Jomon sites in Hokkaido and northern Tohoku District,” held a “Jomon storyteller school” at 8 places in Aomori Prefecture from November, 2012 to January, 2013. A clan of storytellers of Jomon Culture told their thoughts and handed down its charm at the places. The participants positively talked their thoughts and consideration including questions, too.


縄文語り部教室 県内8カ所で開催


■仙台縄文塾「縄文遺跡最新報告 人骨は何を語るのか」

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」




縄文ファイルNo.206号(2013.5.1発行)
定価500円(税込)
昨年に引き続き西盛土を発掘調査昨年に引き続き西盛土を発掘調査
三内丸山遺跡の発掘調査が5月27日から始まる。調査区は、昨年、予備調査を行った西盛土西側。西盛土は北盛土・南盛土よりも規模が大きく、遺跡内の盛土では最大規模である。  また、西盛土北西部と遺跡北端部の予備調査を行われ、次年度以降の調査のために情報を収集する。  今年度はどんな発見があるのだろうか。。
Excavating investigation to be made at western pottery mound consecutively from last year

Excavating investigation at Sannai-Maruyama Site begins on May 27. The area to be investigated is the western side of western pottery mound where preliminary investigation was made last year. The western pottery mound is larger than northern and southern pottery mounds in scale and the largest among all mounds at the site. Preliminary investigation is to be made at the northwestern side of western pottery mound and the northern edge of the site to gather information for coming investigations after next year. What at all is to be newly illuminated in this fiscal year?


三内丸山遺跡2013年発掘調査


■世界遺産登録推進フォーラムより 垣ノ島遺跡・キウス周堤墓群・大森勝山遺跡

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.207号(2013.7.1発行)
定価500円(税込)
今年度も開催「さんまるムラづくり体験」今年度も開催「さんまるムラづくり体験」
特別史跡三内丸山遺跡には、再現された茅葺き・樹皮葺き・土葺きの3種類の住居がある。  昨年度より、これらの住居の復元体験が行われている。昨年度に続き、今年度も土葺き住居を復元する。6月から11月まで、全6工程で、縄文時代にならい、当時と同じ道具を使って家をつくる。
Sanmaru “village making” to be held this fiscal year, too

Sannai-Maruyama Site, a national special historic site, has 3 kinds of restored dwellings, a thatched dwelling and dwellings roof of which is covered with bark and soil. Visitors have become able to have experience of reconstructing these dwellings since last fiscal year. Following last fiscal year a dwelling thatched with soil is to be restored this fiscal year, too. Visitors will use the same tools as Jomon Times in the whole 6 processes from June to November.


三内丸山遺跡2013年発掘現場公開始まる


■東京縄文塾 縄文の知恵に学ぶ~縄文のムラづくりと平成の街づくり

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.208号(2013.9.1発行)
定価500円(税込)
盛岡市で国際シンポジウム開催盛岡市で国際シンポジウム開催
 「北海道・北東北の縄文遺跡群」の世界文化遺産登録に向けて、海外より、国際記念物遺跡会議(イコモス)の郭旃副委員長のほか、ダグラス・コマー氏、イアン・リリー氏を招いての国際シンポジウムが盛岡市で開かれた。  「18の構成資産で過不足なし」との見解が示された他、遺跡の保全状況や復元の在り方などについても意見が出された。
An international symposium held in Morioka City

An international symposium, to which Guo Zhan, Vice-President of ICOMOS (International Council on Monuments and Sites), Douglas Comer, Principal of Cultural Sites Research and Management, and Ian Lilly, Professor of Queensland University were invited from abroad, was held in Morioka City, Iwate Prefecture toward world cultural heritage entry of “a group of Jomon Sites in Hokkaido and northern Tohoku District.” A view that 18 asset allocation is neither too many nor too few was shown, and opinions on the preserved state of sites and how to restore.


盛岡市で国際シンポジウム開催


■東京縄文塾 縄文の知恵に学ぶ~縄文のムラづくりと平成の街づくり

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」
縄文ファイルNo.209号(2013.11.1発行)
定価500円(税込)
三内丸山遺跡で縄文を満喫三内丸山遺跡で縄文を満喫
  「三内丸山で会いましょう」を合い言葉に、毎年秋の満月の頃に開催している「三内丸山お月見・縄文大祭典」。今年は9月21日から23日まで3日間開催された。
 21日は、三内丸山遺跡の発掘調査現地説明会、縄文ワークショップ、縄文宵待ちフォーラム、お月見コンサート、月の宴と充実の1日。たくさんの方が来場し、縄文を楽しんだ。
A Great Jomon Moonlight Festival is held at Sannai-Maruyama Site around the time of full moon every year with the countersign, “Let’s see you at Sannai-Maruyama Site.” It was held this year for 3 days from September 21-23. Many events including excavating investigation field briefing, Jomon workshop, Jomon “Yoimachi” Forum, moonlight concert, moon-viewing party were held on September 21. Lots of people visited the site and enjoyed Jomon.


縄文フィーリング 2013三内丸山お月見縄文大祭典開催


■青森縄文塾 縄文宵待ちフォーラム「Theじょうもん検定公開講座~最新情報も含めて~

■コラム「くらし縄文人」「じょうもん堂書店」「縄文との出会い」

過去にもどる
メニュー

三内丸山縄文ファイル