Sannai-Maruyama Jomon Era File 三内丸山縄文ファイル

三内丸山縄文発信の会・「縄文ファイル」

バックナンバーの紹介
1995年(No.1〜3)1996年1月〜11月(No.4〜14)

 

縄文ファイルNo.1号(1995.10.1)
定価300円(税込)
■ごあいさつ/藤川 直迪
■三内丸山遺跡保存「私の提言」世界の文明遺産三内丸山遺跡/森本 哲郎
■縄文塾 三内丸山対談「都市三内丸山のイメージ」/小山 修三、岡田 康博
■ドキュメント三内丸山遺跡1/阿部 俊幸

縄文ファイルNo.2号(1995.11.1)
定価300円(税込)
■新発見の墓列が物語る縄文都市計画
■「日本の歴史は三内丸山からはじまる」/梅棹忠夫
■縄文塾 三内丸山対談「都市三内丸山のイメージ」/小山 修三、岡田 康博
■ドキュメント三内丸山遺跡2/阿部 俊幸

縄文ファイルNo.3号(1995.12.1)
定価300円(税込)
■栗の木から縄文人が見えた〜第1回縄文塾から〜/菊池 正浩
■縄文塾 三内丸山対談「日本の歴史は三内丸山からはじまる」/梅棹忠夫、小山修三、岡田康博
■ドキュメント三内丸山遺跡3/阿部 俊幸
■縄文事典1 縄文時代/斎藤岳

縄文ファイルNo.4号(1996.1.1)
定価300円(税込)
■新年のごあいさつ/藤川直迪
■縄文塾 三内丸山対談「日本の歴史は三内丸山からはじまる」その2/梅棹忠夫、小山修三、岡田康博
■縄文事典2 縄文土器/斎藤岳
■ドキュメント三内丸山遺跡4/阿部俊幸
■第1回縄文塾より「参加者の声」

 

縄文ファイルNo.5号(1996.2.1)
定価300円(税込)
■司馬遼太郎さんをしのんで/菊池正浩
■第1回縄文塾 内丸山縄文遺跡の6本の栗の巨木は何を物語るのか。「栗の木・巨木・文明 前編」/岡田 康博、宮坂 光昭
■縄文塾座談会/岡田 康博、辻 誠一郎、宮坂 光昭、森本 哲郎、菊池 正浩
■縄文事典3 石器/斎藤岳
■ドキュメント三内丸山遺跡5/阿部 俊幸

縄文ファイルNo.6号(1996.3.1)
定価300円(税込)
■第1回縄文塾 三内丸山縄文遺跡の6本の栗の巨木は何を物語るのか。「栗の木・巨木・文明 後編」
植物資源がはぐくんだ三内丸山社会/辻 誠一郎
「ハシ」という語は日本文化を解く鍵/森本 哲郎
■縄文塾座談会その2/岡田 康博、辻 誠一郎、宮坂 光昭、森本 哲郎、菊池 正浩
■ドキュメント三内丸山遺跡6/阿部 俊幸
■縄文事典4 土偶/斎藤岳

縄文ファイルNo.7号(1996.4.1)
定価300円(税込)
■三内丸山対談「三内丸山縄文ファッションを探る」その1/松本 敏子、小山 修三、岡田 康博
■縄文事典5 翡翠/斎藤岳
■ドキュメント三内丸山遺跡7/阿部 俊幸


縄文ファイルNo.8号(1996.5.1)
定価300円(税込)
■「宗教的中心地だった三内丸山遺跡」遺跡を訪れた/河合 隼雄氏
■三内丸山対談「三内丸山縄文ファッションを探る」その2/松本 敏子、小山 修三、岡田 康博
■ドキュメント三内丸山遺跡8/阿部 俊幸
■縄文事典6 漆/斎藤岳

縄文ファイルNo.9号(1996.6.1)
定価300円(税込)
■着々と進む発掘と遺跡復元
■縄文事典7 骨角器/斎藤岳
■第3回縄文塾 「縄文に栄えた漆文明を探る」/小山 修三
■ドキュメント三内丸山遺跡9/阿部 俊幸

品切れ

縄文ファイルNo.10号(1996.7.1)
定価300円(税込)
■ロシアから到着した栗の木の巨木「6本柱建造物」9月完成予定
■第3回縄文塾座談会 テーマ「縄文に栄えた漆文明を探る」/中村 公英、岡田 康博、小山 修三、斎藤 和彦、望月 好夫
■縄文事典8 竪穴住居/斎藤岳
■ドキュメント三内丸山遺跡10 政治的思惑の中の遺跡保存問題/阿部 俊幸

縄文ファイルNo.11(1996.8.1)
定価300円(税込)
■縄文の暮らしと海・川をつなぐ 新たな巨木出土
■縄文塾三内丸山対談「三内丸山をコンピューターする」/小山 修三、及川 昭文、岡田 康博
■ドキュメント三内丸山遺跡11 真夏の暑さに負けない市民の熱気/阿部 俊幸
■縄文事典9 掘立柱建物/斎藤岳

縄文ファイルNo.12号(1996.9.1)
定価300円(税込)
■「にぎわいの三内丸山」大岡信氏、小松左京氏など遺跡を訪れる
■縄文塾 三内丸山対談「三内丸山縄文時代 クリは栽培植物だった」/小山 修三、佐藤 洋一郎、岡田 康博
■ドキュメント三内丸山遺跡12 問われる青森県全体の力/阿部 俊幸
■縄文事典10 貯蔵穴/斎藤岳


縄文ファイルNo.13号(1996.10.1)
定価300円(税込)
■低湿地から大人と子供の奥歯が出土
■三内丸山遺跡、国の史跡指定へ 第4回縄文塾座談会 テーマ 縄文の交易港あおもり 古代、三内丸山、「港のにぎわいを探る」/小山 修三、岡田 康博、市川 金丸、藤川 直迪
■ドキュメント三内丸山遺跡13 雪の中でも続けられた発掘調査/阿部 俊幸
■縄文事典11 落とし穴/斎藤岳


縄文ファイルNo.14号(1996.11.1)
定価300円(税込)
■広がる遺跡、賑わう縄文の都 発掘調査では今年度も貴重な成果 今年最高の盛り上がり、復元とイベント
■第4回縄文塾座談会 テーマ 縄文の交易港あおもり 古代、三内丸山「港のにぎわいを探る」その2/小山 修三、岡田 康博、市川 金丸、藤川 直迪
■ドキュメント三内丸山遺跡14 市民の動きが活発になった1994年、夏/阿部 俊幸
■縄文事典12 貝塚/斎藤岳、さかい ひろこ


メニュー
新しい号に進む

三内丸山縄文ファイル